にきび/食生活を見直してキレイな肌を手に入れる

にきびについて

にきびというのは、色々な原因によって肌に引き起こされる炎症が元になっている発疹で、思春期の時期に出来る発疹をにきびといいますが、それ以降の思春期をすぎた後の成人になってからのにきびは、吹き出物といっています。にきびは皮脂腺がある場所に出来やすいといわれていますが、主ににきびが出来やすい場所というのは、顔や頭、胸や背中によく出るといわれています。にきびは体質によって出来やすい体質と出来にくい体質があります。にきびが出やすい体質の人というのは皮脂の活動が活発な人だといわれています。

また、にきびは出来やすい時期もあるので、出来にくい体質の人でも、にきびが出来やすい季節の変わり目などにはにきびが出来るといわれています。にきびが出来やすい時期というのは、夏の初めや秋の初めに出来やすいといわれています。にきびは思春期の時期になると沢山出始めて、思春期をすぎると自然ににきびが治まるといわれています。ですが、最近では思春期以降でもにきびが出来てしまう大人のにきびに悩んでいる人もいるそうです。大人のにきびは思春期のにきびと違って少し頑固で、なかなか治らないのが特徴です。大人のにきびは吹き出物とも言われています。

にきびが出来やすいTゾーン

Tゾーンにきびというのを聞いたことがあるでしょうか。にきびが出来やすい場所で顔のTゾーンと呼ばれる部分に出来やすいといわれています。Tゾーンというのは、眉毛と眉毛の間の眉間から、鼻筋の部分にかけてのTになっている部分で、この部分は顔の中でも特に皮脂腺の発達が活発ですから、にきびの元になる皮脂の分泌が多くて、にきびが出来やすい場所だといわれています。特に、ホルモンのバランスが不安定である思春期や脂性の肌の人は、このTゾーンににきびが出来やすいといわれています。Tゾーンには過剰に皮脂が分泌されますからそれによって、毛穴が詰まってしまいます。毛穴が詰まってしまうとにきびになりやすいのです。

にきびがTゾーンに出来やすい言う人は、できるだけTゾーンの部分に脂を付着させたままにさせないようににきび対策をするといいと思います。例えば、顔を洗うときににきびの出来やすいTゾーンの部分だけは二回洗うとか、普段からも、あぶら取がみで脂をとっておくとかしてにきび対策をすることをおすすめします。また日ごろから皮脂が分泌されやすいような揚げ物や甘いものを食べないようにすることも大切です。Tゾーンのにきびは顔の真ん中を通っていますからあまり良くないとも効きますので早めの対処が大切です。

男性ホルモンの影響であごや首ににきびが出来る

あごや首にできるにきびについてですが、あごや首の部分に出来るにきびは、男性の場合はヒゲがちょうど生えている場所です。男性ホルモンを敏感に感じやすい部分なので、男性ホルモンが影響してにきびが出来やすいといわれています。女性があごや首の部分ににきびが出来る場合には、こちらもヒゲは生えてはいませんが男性ホルモンが関係して出来るといわれています。ホルモンが関係してあごや首ににきびが出来やすいのは男女ともに共通しているのですが、男女ともに共通するにきびの出来る原因があります。

あごや首ににきびができてしまう原因として、頬杖をついてしまう癖がある人はにきびがあごに出来やすいといわれています。その理由は、頬杖をつくことで刺激になって、にきびがその部分に出来やすいんだそうです。ですから出来るだけにきびがあごに出来始めたとおもったら、普段から頬杖をつかないように中止してみたり、自分の癖を見直して、頬杖をついていないか確認してみるといいかもしれませんね。意外と知らない間に、頬杖をついていてあごににきびを作る原因を自分で作っている人も多いといわれています。あごや首のにきびはこれらが原因ですから思い当たる人は一度振り返ってみるといいかもしれませんね。

思春期特有のホルモンでおでこのにきびが出来る

おでこのにきびについて紹介したいと思います。おでこのにきびは思春期に出来るにきびに良くある症状だといわれています。おでこににきびが出来るのは、思春期の特有のホルモンのバランスが不安定なことや、前髪がおでこにあたって刺激になってしまうことから、おでこにいにきびが出来やすいといわれています。また他にも、おでこのにきびの原因は紙を洗ったときにシャンプーがきちんとすすげていないことによってそれが刺激になって、おでこににきびが出来るのではないかと言われています。おでこのにきびが出来てしまうと、ついつい前髪で隠してしまいたくなってしまいますが、それは間違いです。おでこににきびが出来たら前髪を出来るだけ短くするか上にあげてしまって、にきびに当たらないようにして、刺激を少なくすることが大切です。出来てしまったにきびにもこの方法は効果的ですし、にきびが出来ていない場合も、こうしておくとおでこににきびが出来にくいと思います。

また、おでこのにきび対策にはシャンプーの時のすすぎ残しに注意することが大切です。洗うことよりも、きちんとすすぐことに重点をおいてよくすすいで洗い残しガ内容にするとおでこのにきびも改善されると思いますし予防になります。

にきびが出来にくい食生活とは?

にきびが出来にくい食生活を紹介したいと思います。にきびは毎日の食生活を見直すだけでも改善できるといわれています。にきびの原因というのはほとんどの場合が皮脂の分泌が過剰になったことによるといわれています。ですから皮脂の分泌を抑えるとにきび予防になるというわけですので、できるだけ糖分や脂っこい食事を控えるとにきび予防になりますし、にきびの出来にくい体質になるのではないでしょうか。また、にきびの原因になっている活性酸素を除去する働きのあるビタミンCや脂質を活発に燃焼してくれる働きがあるといわれているビタミンBなどを摂取することで、にきびの元になっている皮脂をもやしてくれますし、免疫力を高めるビタミンAなどが含まれている食材もにきびには効果的です。

にきびは出来てしまってからにきびに対して対処するのではなくて、毎日の普段の食生活も見直して注意する世にしましょう。洋食よりも出来れば和食の低カロリーで脂肪分が少ない食事を中心に摂取するとにきびが出来にくくなりますし、おやつも出来るだけカロリーの低いもので、甘いものは避けるようにします。また、カロリーが高くて脂分も多いといわれているファーストフードやスナック菓子を食べるものにきびの原因に最もなりやすいといわれていますから気をつけるようにして、出来れば、にきびが出来ている人はファーストフードなどは食べないようにしたいものです。

最新登録サイト表示

# サイト名 PR リンク

TOP紹介サイト

# サイト名 PR リンク

登録フォーム

ページランク7以上の方が申し込みできます。

下記リンクタグを掲載後にお申し込みください。

<a href="http://www.kazuyapark.org/" target="_blank">http://www.kazuyapark.org/</a>

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。